すぐ忘れる思い出

消えたエピソード記憶とそれを取り戻す方法

すぐ忘れる思い出

 

自分は覚えてないのに人は覚えている。

こんな状況が僕の人生にはすごく多い。

家族や友達との会話で、「あの時○○だったよね」とか「あの時○○とか言ってたね」とか、そんな話をするときの僕のお決まりのリアクション。

そうだっけ??

すると相手は、「なんだよ忘れたの?」とか「うわ、覚えてないとかヒドい」とか言う。

そんな時、ゲスな僕はこう思う。

その相手、本当に僕かい??

僕は過去の記憶が少ない??

基準が分からないけど、僕は記憶力が悪い方だと思う。

学生時代のことなんて殆ど覚えてないし、社会人になってからも20代の思い出は殆どない。

社会人なんて単調な毎日の繰り返しだから記憶に残らないのかもしれない。

それはそれで切ないけど、でもそれでも毎日生きて何かを想い感じていたはずなのに。

 

自分を慰めるわけではないけど、実は僕、大学生の時に交通事故で1週間近く意識不明になったことがある。

もしかしたら某韓国ドラマのチュンサンみたいに、その事故で昔の記憶が無くなって、やむを得ず偽りの記憶でも埋め込まれたのかも。

それにしちゃあスッカスカな記憶だなおい。

 

他人はどうなんだ?僕は病気なのか?それとも事故の後遺症なのか?

不安になったんで、人間の記憶についてちょっと調べてみた。

脳に関わることなだけあって、さすがに仕組みは単純じゃなさそうだ。

人間の記憶のメカニズム

人間の記憶のメカニズムは大きく分けると、感覚記憶短期記憶長期記憶の3つに分類される。

長期記憶には、エピソード記憶意味記憶手続的記憶の3つに分けられる。

 

感覚記憶
短期記憶
長期記憶エピソード記憶
意味記憶
手続的記憶

感覚記憶

記憶Lv:★☆☆☆☆

意識には上らないが、感覚器官で瞬間的に保持された記憶。情報処理の程度に応じて短期記憶、長期記憶へ変換される。受け取った刺激の情報をほぼそのまま記憶するが、処理されなければすぐに失われる。
出典:コトバンク

街を歩いているとたくさんのものが目に入ってくるけど、その大半は記憶に残ることなくすぐ忘れていく。

感覚記憶とは、そういったほんの一瞬だけの記憶を指す。

普段生活してて突然嫌な感覚というか胸騒ぎというか、そんな違和感を感じた経験ない?

それって実は目で見てはいるけど脳が認識していない危険な何かを見たのかも。

そんな時は目の前の景色をもう一度よーく確認してみてくれ。

ヤバそうな奴がどこかにいるかもしれないぜ。

短期記憶

記憶Lv:★★☆☆☆

比較的短い,秒単位の時間しか保持されない記憶。この記憶の痕跡は復唱しないかぎり自動的に消滅すると仮定されており,比較的保持の長い長期記憶と異なる機序をもつ。
出典:コトバンク

短期記憶とは、数十秒から長くて数十分という短時間保持れる記憶を指す。

電話番号を確認してダイヤルするまで記憶したり、説明書を読んでそれを実行するまで記憶したり。

目的が達成されると気にしなくなって、自然と記憶から消えていくようなものがこれ。

長期記憶

記銘後、年単位にわたって長期間保持される記憶。生きている間ずっと保持されるものもある。個人的経験に基づくエピソード記憶、言葉の意味や知識などの意味記憶、自転車の乗り方や楽器の弾き方など動作として身に付けた手続き記憶に分類される。
出典:コトバンク

長期記憶には、エピソード記憶意味記憶手続的記憶の3つに分けられる。

長期記憶-エピソード記憶

記憶Lv:★★★★★

長期記憶のうち、個人的経験に基づくもの。個人が体験した日々の出来事の記憶であり、時間や場所、および感情を伴ったものとして記憶される。意味記憶に対比される。
なお、エピソード記憶の内容はその人の置かれた状況に応じて変形しやすく、その真偽を客観的に判断することは難しい。
出典:コトバンク

エピソード記憶は記憶の中でも一番優れていてとても忘れにくいのが特徴。

自分が実際に体験した記憶なので、意識して覚えようとしなくても自然に覚えてしまう。

この能力は生まれた時には無く、成長の過程で自然と身に付くものだという。

・・・。

僕に欠けているのコレなんですけど??

長期記憶-意味記憶

記憶Lv:★★★★☆

特定の場所や時間に関係せず,物事の意味を表わす一般的な知識・情報についての記憶。たとえば「地球は1年で太陽のまわりを一周する」といった情報の記憶がこれにあたる。
出典:コトバンク

意味記憶はエピソード記憶のような体験ではなく覚えようとして覚えるもので、学習などによって得られる。

これは勉強に関するような知識の記憶といったところか。

覚えて忘れてまた覚え直してを繰り返すことで定着して忘れなくなるんだろうね。

長期記憶-手続的記憶

記憶Lv:★★★★☆

思考を介さずに獲得され再現される、物事の手順についての記憶。ピアノの弾き方、自転車の乗り方など、いわゆる技能・技術にあたる。
出典:コトバンク

意味記憶は頭が覚えるものだとすると、手続的記憶は体が覚えるもの。

これも繰り返すことで熟練され記憶に固定される、という意味では意味記憶に似てる。

僕のエピソード記憶が少ないワケ

どうやら僕に問題アリなのはエピソード記憶らしい。

僕は成長過程でこの能力を習得できなかったおバカさんなの?

それとも認知症とかアルツハイマーとかの病気なの?

 

もっと調べてみると、こんな興味深い情報があった。

研究者によっては、エピソード記憶は常に意味記憶に洗練(精製)されていると考えている。(~中略~)例えば、あなたがある出来事について繰り返し話をした場合、それは既にあなたにとっては「イベント」ではなくなり、あたかも物語を語っているように感じていることに気づくだろう。
出典:ウィキペディア

 

つまりエピソード記憶は意味記憶のように繰り返し思い出すことで強く記憶に定着していくらしい。

繰り返し思い出す、か。

言われてみれば、僕は昔から過去を振り返らない性格だった。

仲の良い友人とも昔を懐かしむような話は殆どしなくて、今がどうとかこれからこうしたいとか、そんな話ばっかりしてた気がする。

 

さらに言うと、僕は後悔をしない性格なんだよね。

だって別の道を選んだとしたらどうなっていたかなんて確認のしようが無いし。

『あの時別の道を選んでいたら、今はもっと幸せだったかも。』

『あの時こうしていれば、こんな失敗しなかったはず。』

結局はタラレバの話だからね。

もちろん誰も戻れると思って後悔しているわけじゃないのは分かってる。

きっと後悔することで反省・学習して、未来で同じ過ちをしないためなんだろう。

 

でも僕はコッチの考えの方が強い。

『あの時別の道を選んでいたら、今はもっと不幸だったかもしれない。』

『あの時こうしていたら、もっと大きな失敗をしたかもしれない。』

今歩んでいる道が最善の選択と考えてるから後悔しないんだと思う。

エピソード記憶を取り戻す方法

どうやら僕はエピソード記憶を意味記憶で洗練しなかったばっかりに、思い出を忘れてしまったらしい。

もしかしたら思い出す価値もない過去だから思い出さなかっただけかもしれんがな。

いずれにせよ、僕はもう過去の思い出に浸ることはできないのか。

 

すると僕と同じような悩みを抱えている人発見。

そんな迷える子羊への回答がコレ。

その引き出しを開ける鍵さえあれば古い記憶を引っ張り出せると思います。
出典:YAHOO!知恵袋

 

つまり頭の中に記憶は存在していて、ただ記憶が入っている扉を開けられないだけだと。

で、その鍵はどこにあるのかね?

ここでふとあの某韓国ドラマを思い出す。

記憶を失ったチュンサンは、当時通っていた高校を巡ることで記憶に引っかかるもの、つまり記憶の扉を開ける鍵を探していたのだ。

ナルホド、思い出があるはずの場所に行けばいいんだな。

地元の思い出があるはずの場所に片っ端から行ってみる手間と、そこで取り戻せるであろう記憶とを天秤にかけてみた結果。

なんか面倒くさいからもういいや。

思い出を探すよりも失わないようにしよう

面倒くさいと思うってことは、大した思い出はないだろうと判断。

それよりも、これから先の未来を思い出に残していくことを考えよう。

きっと人は忘れたくないから日記をつけたり写真を撮ったりするんだな。

僕は今まで写真が大キライであまり撮らなかったけど、いつかそれも記憶の扉を開ける鍵になるんだろう。

 

そんなことをしなくても本当に大切な出来事は忘れないと信じたい。

でももし忘れてしまったとしても、その記憶の扉を開けられるように鍵は作っておきたい。

このアバログもその鍵のひとつになるように大切に記していこうと思う。

願わくば、死ぬ間際に人生を振り返ったとき、大切な人と大切な記憶に囲まれてこの世を去れたら最高だと思う。