DIESEL(ディーゼル)

腕に存在感!この夏の腕時計はDIESEL(ディーゼル)のメガチーフモデルでキメる!

DIESEL(ディーゼル)

 

暖かくなってきましたね。周りを見渡しても、服装も薄着になって、肌の露出も増えてきました。

こうなると目立ってくるのが「腕時計」ですよね。

厚着の時はほとんど目立たちませんが、薄着になると腕時計は実用性だけでなくオシャレアイテム・・・・・・・・として大活躍します。

薄着だとどうしても寂しくなりがちな腕周り。

かっこいい腕時計でさりげないオシャレを演出してみませんか?

DIESEL(ディーゼル)でワンランク上のオシャレを目指す

DIESEL(ディーゼル)

「高価な腕時計=オシャレ」ではありません。

数千円、数万円の腕時計だろうが、コーディネート次第で映えるものです。

比較的リーズナブルで買える、かっこよくてオシャレな腕時計のひとつに、DIESEL(ディーゼル)が挙げられます。

ディーゼルはイタリア発のカジュアルブランドというだけあって、デザインもイタリアの雰囲気を漂わせつつ、他のブランドにはない独特の遊び心を取り入れています。

ディーゼルの腕時計は男心をくすぐる幾何学的なデザインが多いのも特徴で、それでいてカジュアルでもビジネスでも、どちらのシーンでも使えるデザインに落とし込めているから不思議ですね。


私が買ったディーゼルの腕時計[DZ4323]

私もこの夏のために早速DIESELの腕時計を新調したので、ここで紹介させてもらおうと思います。

今回私が購入したのはディーゼルのメガチーフモデル「DZ4323」です。

 

DIESEL(ディーゼル)DZ4323
(ディーゼルお決まりのブラックボックス)

ディーゼルのケースはいつもレザー調のボックス形式ですごくかっこいいです。

 

DIESEL(ディーゼル)DZ4323

 

DIESEL(ディーゼル)DZ4323

 

DIESEL(ディーゼル)DZ4323

 

DIESEL(ディーゼル)DZ4323


男なら心躍るMEGA CHIEF(メガチーフ)モデル

DIESEL(ディーゼル)DZ4323

 

このモデルはDIESELの中でもMEGA CHIEF(メガチーフ)と呼ばれるシリーズで、戦闘機やその操縦席に並ぶ計器類からインスパイアされています。

  • 立体的に作られたブラックの文字盤
  • 大型のリューズ(時刻や日付を合わせる横のダイアル)
  • 盤面を保護するために付けられた戦闘機の尾翼を彷彿させるクリスタルガード

私はこの手のオタクでもなんでもありませんが、このデザインは素直にかっこいいと思います。

そして随所に光る、さりげないながらもしっかりとしたディーゼル感がまたGoodです。

 

DIESEL(ディーゼル)DZ4323

DIESEL(ディーゼル)DZ4323

偏光ガラスで魅せる様々な表情

このモデルは盤面に「偏光ガラス(ミネラルクリスタルガラス)」を使用していて、見る角度や光の当たり方で様々な表情を見せるという特徴があります。

 

例えば、光が当たらないような場所では、盤面の黒はより際立って青白い文字によって冷たい印象をまといます。

DIESEL(ディーゼル)DZ4323

 

しかし光が当たるとその雰囲気は一変し、偏光ガラスによって表面は赤みを帯びて光を反射して、腕時計の存在感が一気に増します。

DIESEL(ディーゼル)DZ4323

 

光の当たり方によってはグラデーションにもなります。

DIESEL(ディーゼル)DZ4323

腕に圧倒的な存在感

一般的な腕時計と比べると、この「DZ4323」モデルはだいぶ大きい作りをしています。

私が持っている別のディーゼルDZ5198と比べると一目瞭然です。

 

DIESEL(ディーゼル)DZ4323・DZ5198

 

これもこのモデルの魅力で、薄着だと手首周りがさびしくなりがちなので、これくらい存在感があった方がアクセントになります。

しかも黒系で統一されているデザインなので、腕元がぼやけず引き締まって見えます。

DIESEL(ディーゼル)DZ4323

 

この腕時計だけでも十分ですが、私はちょっとしたアクセサリーもプラスしています。

でもあくまでも主役は腕時計なので控え目に。

DIESEL(ディーゼル)DZ4323

DIESEL(ディーゼル)を買うなら並行輸入品

あなたはブランド品を買うなら正規販売店で買いますか?

値段は高いですが、「ブランド品=割引しない」ということがブランド品の価値を守っているというか、それがある意味買う側にとっても「本物」だという安心感にもなりますからね。

保証やサポートが充実しているのも、正規販売店で購入する大きなメリットだと思います。

でも私は、それでもあえて「並行輸入品」を買うようにしています。

 

正規店で買うものを「正規・・輸入品」と表現すると、「並行・・輸入品」が邪道というか、なんとなく悪いイメージを持っている人もいのではないでしょうか。

でも正規輸入品と並行輸入品の違いは仕入ルートと価格設定の違いだけであって、どちらも本物に変わりはないんですよね。

正規輸入品海外メーカー・ブランドと正式に契約をした「正規代理店」が輸入・販売している商品。ブランドイメージや値崩れを防ぐために販売価格が固定されている場合が多く、基本的に価格は高い。
並行輸入品日本の正規代理店からではなく、海外の正規代理店などから直接商品を買い付け、日本に輸入して販売している商品。法律的には全く違法ではない。正規代理店とは違って価格の縛りもなく、為替次第で安く仕入れられるので、その分安く販売することが可能。正規代理店では取り扱いがない商品や販売が終了した商品でも、並行輸入品なら手に入れられる。

そもそもブランド品の偽物とか「知的財産を侵害するような物品」を輸入しようとしても、まず税関を突破できませんし、それが大量であれば尚更厳しいチェックが入ります。

もしなんらかの方法で税関を突破して、それをAmazon・楽天・ヤフーのような大手ECサイトで販売する業者がいたとします。

個人の情報発信が容易になったこの時代に、果たしてそんな業者が大手ECサイトで生き残れるでしょうか?

しかも楽天には「ブランド模倣品の補償」というサービスもあって、万が一偽物を買わされても保証が受けられて安心です。(ディーゼルもしっかり補償対象ブランドに入っています)

そんな考えから私は、Amazon・楽天・ヤフーに出店していて、ここ数年でしっかりレビューがあるショップで並行輸入品を買うようにしています。

さいごに

そもそも今回のメガチーフモデル「DZ4323」はDIESEL公式サイトでは取り扱っていませんでした。

もし取り扱っていたとしても、私は迷わず並行輸入品を買ったと思います。

 

【DZ4323】ディーゼル・メガチーフ・MEGA CHIEF

 

このモデルにはベルトが金属製のモデル「DZ4318」もあって、DIESEL公式サイトでも取り扱っていますが、公式では4万円以上しますが、並行輸入品は2万円以下でした。

【DZ4318】ディーゼル・メガチーフ・MEGA CHIEF

 

そして私が今、もうひとつ狙ってるのが、冒頭でも紹介したこのDZ4470モデル。

大人な落ち着きの中にもしっかりオシャレ感があって、それでいて男の遊び心が光っています。

どうしても真面目になりがちなビジネスやフォーマルな場面にピッタリだと思いませんか?

【DZ4470】ディーゼル・エムエスナインクロノ・CHRONO・MS9

 
私なりの価値観をいろいろ書いてきましたが、結局最後は自分が何を重要視したいか、なんですよね。

せっかくブランド品を買うんですから、並行輸入品に少しでも不安があるなら正規販売店で買ったほうがいいと思います。

私は気に入ったものをなるべく安く買いたいし、並行輸入品なら本物を安く買えると確信しています。

もしあなたの周りに「それどこで買ったの?楽天?偽物じゃない?」なんて、人の持ち物にケチつけてくるような人がいるのなら、並行輸入品を買うか悩む前に、その人との付き合い方を考え直したほうがいいかもしれませんよ。

スポンサーリンク