Copeau(コポー)

かわいすぎるカエル、コポー(Copeau)とは?

Copeau(コポー)

私は生き物の中でも特にカエルが大好きです。

その大きなきっかけになったのが、今から10年以上前、川で釣りをしている時でした。ふと流れてきた小さな落ち葉に、1匹のカエルが乗っていたんです。

そのカエルは流されていることに動じる様子もなく、進行方向のその先をジッと見据えていて、その勇ましい姿は、さもこれから大海原の大冒険にでも繰り出すかのような異様な雰囲気でした。

私はすぐに感じ取りました。

そのカエルは落ち葉に乗って流れてしまったのではなく、自ら強い信念のもとに乗り込んだ・・・・・のだと。

きっとあのカエルには簡単には語れないドラマがあって、私はその一端を目撃したのだと思います。その姿がすごく雄々しくて可愛くて、遠く見えなくなるまで私の視線は釘付けでした。

その一件以来、私は今まで以上にカエルが好きになって、ガチャ・フィギュア・置物など、とにかくカエルグッズを見つけるとつい集めてしまうんですよね。

超絶可愛い!Copeau(コポー)とは?

今回はそんな数あるカエルグッズの中から、なんとも言えない可愛さが魅力の「Copeau(コポー)」シリーズを紹介しようと思います。

雑貨好きの方ならどこかで見かけたことがあるのではないでしょうか。

 

この子がコポーシリーズの主人公的存在、「コポタロウ」です。

 

コポーには、通年もの・季節・イベント、さらにはガーデニングまで幅広いシリーズがあって、このバリエーションの豊富さもコポーの魅力なんです。

Copeau(コポー)シリーズ
出典:株式会社ダイカイ

 

そして私が思うコポー最大の魅力が、あざとくもあるその「ポージング」です。

 

また、コポーには一緒に遊ぶ素敵な仲間たちがいて、それに関連した商品もたくさんあります。

動きのないフィギュアなのに、見ているだけでそこにある物語まで感じ取ることが出来るから不思議です。

そこから感じるコポタロウの性格は、おっちょこちょいでいたずら好きだけど、みんなにすごく慕われているカエルって感じですね。

コポタロウと代表的な仲間たち

コポタロウ

コポーシリーズの主人公的存在。好奇心旺盛で、とにかく遊ぶのが大好き。
「今日は何して遊ぼうかなぁ~」
コポミ(写真右)

コポーシリーズの紅一点。コポタロウとは友達以上、恋人未満?
「コポタロウってわたしのことどう思ってるのかしら...」
クマ(写真左)

コポタロウの親友。よくいたずらされるけど、それはそれで楽しんでいる?
「コポタロウって絶対わざとやってるよなぁ...」
ミニブタ(写真右)

コポタロウの友達。よく上に乗られる。今のところ登場は少なめ。
「コポタロウと遊ぶのって楽しいなぁ」

Copeau(コポー)を作ってる会社ってドコ?

雑貨屋とかネットで販売しているのは見かけるけど、そもそもコポーってどこが作ってるんだろう?

そう思って調べてみました。

どうやらCopeau(コポー)シリーズは、雑貨輸入卸を行う「株式会社ダイカイ」が取り扱う商品の中のひとつのようです。

会社名株式会社ダイカイ
URLhttp://www.nl-daikai.co.jp/
本社所在地 愛知県名古屋市港区空見町37 三井倉庫株式会社内
事業内容雑貨輸入卸
従業員数18名
(2017年12月時点)

 

輸入卸会社ということは、コポーのキャラクターは既にあって、ただそれを輸入して販売しているだけかと思いきや、コポーのデザインはダイカイの社員が手掛け、商品自体は中国で製造しているとのこと。

つまりダイカイの社員にも相当のカエル好きがいるということですね。(仲間意識)

ダイカイは自社の販売サイトは持っておらず、amazonや楽天にダイカイの名前で出店しています。

そもそもダイカイは卸なので、ダイカイ以外にもコポーを販売しているお店はたくさんありますが、価格差はほとんど無いので気に入ったものがあればどこで買ってもいいと思います。

アバが大好きなCopeau(コポー)を紹介します

そんなバリエーション豊富なコポーシリーズの中で、私が愛してやまないコポーを紹介します。

「コポー・ガーデンシリーズ」です!

ガーデンというからには、植物や庭の大きさにも負けない存在感・・・が重要であり、このガーデンシリーズはそんな環境に適応するため「巨大化(20cm級)」という進化を成し遂げました。

 

Copeau(コポー)

 

どうですか!この大きさ!この存在感!

右のカメラコポタロウ(通常の大きさ)と比べても一目瞭然、オロナミンCをも遥かに凌ぐ大きさで、これはもはや君臨と言っていいかもしれません。

コポーの可愛さはその小ささにもあるのですが、私はあえてこの大きいコポーを集めています。

だってただでさえ可愛いコポーに存在感までプラスしたら悶絶必至じゃないですか。

そんなビッグコポーは、よく探せばガーデンシリーズ以外にもちらほら存在しています。

いろいろ探して集めてみましたので紹介しておきますね。

キノコとカエル 43432

ウェルカムガーランド 72685

葉っぱ傘カエル 71309

ウェルカムコポタロウ 71088

ゴロンカエル 72616

クローバーとカエル 73426

ラッキークローバーとカエル 72617

虹とカエル 72608

てるてる坊主 72607

木桶の小物入れ 73450

背負いカゴの小物入れ 73449

かぼちゃのランプシェード風オブジェ 72030

コポーウェルカムボードとカエル 72265

ハロウィンガーデンドラキュラ蛙 72458

黒板を持つカエル 72468

流木ポッド 71758

さいごに

コポーシリーズは新作が続々と登場するので、商品の入れ替わりがすごく激しくて、少し悩んだせいで欲しかったコポーがあっという間に完売、という苦い経験を何度も味わってきました。

特にハロウィンシリーズはどれもこれも非の打ち所がないほど可愛いくて、ワンシーズン前のものは再入荷がほとんどありません。

私も以前からずっと探していて、未だに手に入っていないハロウィンコポーがあります。

この画像の後ろにある大きなかぼちゃのランタンなんですけど。

コポー かぼちゃキャンドルカバー

 
コポタロウとコポミがハロウィンの仮装で上に乗っていて、かぼちゃの中にLEDキャンドルなどの照明を入れることができます。

こんな風に部屋を暗くして飾ったらステキだろうなぁウフフ・・・。

もう製造されてないんでしょうけど、いつかメルカリやラクマなどに出品されることを願って、これからも探し続けます!

スポンサーリンク