Copeau(コポー)

僕の「好きな生き物ランキングTOP5」にエントリーされている生き物、それがカエルです。

物心ついたときからカエルは好きだったんだけど、LIKEからLOVEに変わった出来事があるんだ。

今回はそのお話と、カエル好きなら避けて通れないグッズ、Copeau(コポー)を紹介しようと思う。

運命のカエルとの出会い

それは今から10年以上前、ワイフと川で釣りをしている時だった。

ふと流れてきた小さな落ち葉に1匹のカエルが乗っていた。

そのカエルは僕たちには目もくれず、また流されていることに動じる様子もなく、進行方向のその先をジッと見据えていた。

その勇ましい姿は、さもこれから大海原の大冒険にでも繰り出すかのような異様な雰囲気だった。

僕たちはすぐに感じ取った。

そのカエルは落ち葉にただ乗ってしまったのではなく、強い信念のもとに乗り込んだ・・・・・のだと。

その姿がすごく雄々しくて可愛くて、遠く見えなくなるまで僕たちの視線は釘付けだった。

きっとあのカエルには簡単には語れないドラマがあって、僕たちはその一端を目撃したのだと思う。

その一件で僕たち夫婦は今まで以上にカエルが好きになった。

ガチャとかフィギュアとか置物とか、とにかくカエルグッズを見つけるとつい集めちゃうんだよね。

超絶可愛い!Copeau(コポー)とは?

今日はそんな数あるカエルグッズの中から、なんとも言えない可愛さが魅力のCopeau(コポー)シリーズを紹介しようと思う。

雑貨好きならどこかで見たことあるんじゃないかな。

この子がコポーシリーズの主人公的存在、コポタロウだ!

コポーシリーズには、通年ものから季節・イベント、さらにはガーデニングまで、幅広いシリーズがある。

このバリエーションの豊富さもコポーの魅力なんだ。

Copeau(コポー)シリーズ
出典:株式会社ダイカイ

そして僕が思うコポー最大の魅力が「しぐさ」。

見てこのあざといポージング。

ご覧の通り、コポーには一緒に遊ぶ仲間たちがいて、その仲間たちと絡んだ商品もたくさんある。

見ているだけで、そこにある物語まで感じ取ることが出来るから不思議だ。

そこから感じるコポタロウの性格は、ちょっとおっちょこちょいでいたずら好きだけど、みんなにすごく慕われているカエルって感じかな。

Copeau(コポー)とその仲間たちを紹介しよう

コポタロウ

コポーシリーズの主人公的存在。好奇心旺盛で、とにかく遊ぶのが大好き。
「今日は何して遊ぼうかなぁ~」
コポミ(写真右)

コポーシリーズの紅一点。コポタロウとは友達以上、恋人未満?
「コポタロウってわたしのことどう思ってるのかしら...」
クマ(写真左)

コポタロウの親友。よくいたずらされるけど、それはそれで楽しんでいる?
「コポタロウって絶対わざとやってるよなぁ...」
ミニブタ(写真右)

コポタロウの友達。よく上に乗られる。今のところ登場は少なめ。
「コポタロウと遊ぶのって楽しいなぁ」

これ以外にもウサギ・ネコ・フクロウとかいるけど、登場はもっと少ないので省略。

Copeau(コポー)を作ってる会社ってドコ?

雑貨屋とかネットで販売しているのは見かけるけど、そもそもコポーってどこが作ってるんだろう?

そう思って調べてみた。

Copeau(コポー)シリーズは、雑貨輸入卸を行う株式会社ダイカイが取り扱う商品のひとつ。

会社名株式会社ダイカイ
URLhttp://www.nl-daikai.co.jp/
本社所在地 愛知県名古屋市港区空見町37 三井倉庫株式会社内
事業内容雑貨輸入卸
従業員数18名
(2017年12月時点)

輸入卸会社ということは、コポーのキャラクターは既にあって、ただ単にそれを海外から輸入して販売しているだけかと思いきや・・・

コポーのデザインはダイカイの社員が手掛け、商品自体は中国で製造してるとのこと。(社員に直接聞いた)

ということは、ダイカイにも相当のカエル好きがいるということだ!

ダイカイは自社の販売サイトは持ってなくて、amazonや楽天にダイカイの名前で出店している。

そもそもダイカイは卸なので、ダイカイ以外にもコポーを販売している店はたくさんある。

でも価格差はほとんど無いので、気に入ったのがあればどこで買ってもいいと思う。

スポンサーリンク

アバが絶賛するCopeau(コポー)を紹介していく

そんなバリエーション豊富なコポーシリーズの中で、僕が溺愛するコポーを紹介させてくれ。

そのコポーとは、コポーシリーズ・ガーデンだ!

ガーデンというからには植物や庭の大きさにも負けない存在感が必要になってくる。

そう、このガーデンコポーはガーデンで生き抜くためにある進化・・・・を遂げた。

巨大化(20cm級)だ。

Copeau(コポー)

どう?この大きさ。この存在感。

右のカメラコポタロウが通常の大きさ。

オロナミンCをも遥かに凌ぐ大きさで、これはもはや君臨と呼ぶにふさわしい。

コポーの可愛さはその小ささにもあるんだけど、僕はあえてこの大きいコポーを溺愛している。

だってただでさえかわいいコポーに存在感までプラスしたら、それはもう悶絶必至に決まってるじゃない!

実はビッグなコポーはよく探せばガーデンシリーズ以外にもちらほら存在している。

というわけで、そんなビッグでかわいいコポーを集めて紹介していこう。

キノコとカエル

石の上で読書

葉っぱ傘カエル

王冠カエル

ウエルカム コポタロウ

虹Welcome

お座りWELCOME

プランターカバー レトロバス

蒸気機関車プランターカバー

押車ポッド

流木ポッド

切り株の鉢カバー

花束を持つカエル

プレゼント配達

プレートを持つカエル

さいごに

以上、超絶かわいいカエルフィギュア「Copeau(コポー)」の紹介でした。

今回はコポーシリーズの中でもビッグなコポーを紹介したけど、実は同じくらいオススメなのがハロウィン

どれもこれも非の打ち所がないほどかわいいんだ。

その中でも僕が以前からずっと探していて未だ手に入らないモノがある。

この画像の後ろにある大きなかぼちゃのランタンなんだけどね。

コポー かぼちゃキャンドルカバー

コポタロウとコポミがハロウィン仮装で乗っていて、かぼちゃの中が空洞になってるからLEDキャンドルとかを入れることができるんだ。

部屋を暗くしてこんな風に飾ったらステキだろうなぁウフフ・・・。

でもこれだけ探して無いんだからきっともう製造してないんだろうね。

もし見つけたらすごくラッキーだと思うから買っておいたほうがいいよ。

ヤフオクとかメルカリで転売したらきっとすぐ売れるから。

そして買った人はきっと僕です。