みなさんはパソコンで音楽って聴きます?

僕は私生活ではスマホよりもパソコンをよく使うんだよね。

スマホも便利だけど、やっぱりパソコンの方が見やすいし操作しやすいもん。

だからパソコンで何かすることが多くて、その時には決まって音楽をかけます。

え?どんな曲聴くのかって?愚問ですね。

パチンコ・スロットかアニメの音楽にきまってんだろうがッッ!!

それ以外だと、ジブリとかマイケルジャクソンとか河村隆一ですかねぇ。(情緒不安定)

アバが使ってる無料音楽プレーヤー

さて、音楽を聴くのに当然必要なのが「音楽プレイヤー」よね。

僕のパソコンはWindowsだけど、デフォで入ってるWindows Media Playerは使いづらい。

何が使いづらいって、逆に言えば使いやすい部分が無い。

プレイリストも使いづらいし、イコライザもすぐでないし、なんか画面見てるだけでイライラする。

Windows Media Playerが人間だったら間違いなく合わないタイプだね。

じゃあ何を使っているかというと、ソニーの「x-アプリ」です。

別にタイトル詐欺じゃないからね。実際ずっと使ってたし。

というのも、Winamp・iTunes・AIMPとかの有名どこは一通り使ってみたけど、どれもイマイチしっくりこない。

気が付けばウォークマンを持ってるわけでもないのに、なぜかソニーのx-アプリをインストールする始末。

きっと探すのに飽きたんでしょう。

もう音楽が聞ければいいや的な感じで、最後にインストールしたx-アプリを最近までずっと使ってきたわけだ。

とはいえx-アプリはそんなに軽快じゃないし、たまーに変なエラー出るし、もともと満足してない上に最近不満がたまってきたところに、2017年12月でダウンロードサービスを終了するという知らせ。

その後、彼の姿を見た人はいませんでした。(アンインストール)

他に何か良い音楽プレーヤーはないものか。しかも無料の。絶対無料の。

そしてやっと出会えた最高の音楽プレーヤーがコレだ。

MusicBee

ハチさんマークがとってもかわいい。でもスズメバチは大キライです。

スポンサーリンク

MusicBeeがすごい理由

  • とにかく見やすい使いやすい
  • パネル構成の自由度が高い
  • スキンの数が豊富
  • 曲情報の取得がスゴい

とにかく見やすい使いやすい

選ぶスキンやパネル構成でいくらでも変更はできるけど、僕の場合は「Windows Theme」というスキンにしてるのでこの見た目。

メイン画面


(持ち曲があまりにも恥ずかしいのでモザイク。まともに見せられるのがBackstreet Boysしかないorz)

どう?スッキリしてて見やすいでしょ?

シンプルな必要最低限の画面構成で、直感でどこで何ができるのかが分かる。

え?iTunesに似てる?はて、なんのこと?そっちが似せてんじゃないの?

再生中

上部の画面切り替えから[再生中]タブを押すとこんな画面に。カッコイイイよね。

プレイリスト

プレイリストも上部の画面切り替えから。これまたシンプルで見やすい!

そのほか、簡易版みたいな位置づけの「ミニプレーヤー」と「コンパクトプレーヤー」もカッコイイので紹介しておく。

ミニプレーヤー

何か作業しながら聴くなら、邪魔にならないこのミニプレーヤーよね。

コンパクトプレーヤー

なにこれかっこよすぎ。

パネル構成の自由度が高い

自分にはどうでもいい項目が出てたり、変な場所に配置されてたりすると、それだけでアプリの使いやすさって格段に下がるもの。

その点このMusicBeeは、画面に表示したい項目や位置など細かいところまでとにかく自由に設定できるのも魅力のひとつ。

例えばアーティスト画像を歌詞の上に表示したいなぁと思ったら、画面左上のここから[パネル構成設定]を起動して、

右の項目から[アーティスト画像]を、左の表示したい場所にドラッグ&ドロップすれば、

こうなって、

はいできた!

ね、簡単でしょ?

逆に消したい場合は、このチェックを外すだけ。

スキンの数が豊富

スキンってのは、アプリの見た目を変えられる着せ替えみたいなもんかな。どうせ使うなら自分らしいデザインにしたいよね。

MusicBeeが標準で使えるスキンは、なんと70種類以上!

しかもこのサイトからさらに入手可能。

これだけあれば君にぴったりなスキンもきっと見つかるよね。

スキンの変更もすごく簡単で、さっきと同じく画面左上の[スキンの選択]から選ぶだけ。

ついでに僕オススメをスキンをいくつか紹介しておこう。

クールにキメるなら「Blue>>Midnight」

ゴージャスな君には「Dark>>Bee78」

元気いっぱいの君には「Multi-color>>Mellon Rimix」

曲情報の取得がスゴい

ところで、これまでのスクショを見てある事・・・にお気付きだろうか?

ある事とは、ジャケット画像・アーティスト画像・歌詞などの曲情報がちゃっかり表示されているということだ!

別にコレ、僕が几帳面な性格でネットからせっせと拾ってきて登録してるわけじゃないからね。

なんとMusicBeeは、曲情報をLast.fm(ネットラジオ)やGoogleなどから自動で取得して表示してくれるのだ!

僕みたいな画面構成にしてると、横に表示されたジャケット画像やアーティスト画像を見て、「この曲このアルバムに収録されてたのか」とか「これ歌ってんのこんなヤツだったんだ」なんて発見がいっぱいある。

しかもアーティスト画像は一定時間で違う画像に切り替わったりもする。

でも僕が何よりも嬉しいのは歌詞を表示してくれること。

これがあるから一緒に歌ってて歌詞が分からなくなっても「フンフンフ~ン♪」なんて誤魔化さずに済むんだよ。

スポンサーリンク

Musicbeeを使うには

まずはMusicbee公式サイトからインストーラーをダウンロードしよう。

あとはそのまま手順にそってインストールするだけでOK。

大まかな流れの画像を貼っておくから分からなかったら参考にしてね。

初回起動時にだけ言語を選択する画面が出るので、しっかり「日本語」を選択しよう。

これも初回起動時に出る画面で、ここでパソコンにある音楽をMusicBeeに取り込む。

音楽ファイルをきちんと管理しているなら、余計なファイルをムダに取り込まないためにも、このように場所をしっかり指定して取り込もう。

Windows Media PlayerとかiTunesを使っていて、音楽のある場所が分からないなら、1つ目2つ目のチェックを使えばいいよ。

Musicbeeの歌詞取得を強くする

インストール画面でも分かるように、MusicBeeは海外製のアプリ。

しっかり日本語対応されてるので使うのに不自由はないんだけど、ちょっと日本の歌詞取得に弱いんだよね。

だからちょっと設定を加えて日本語の歌詞もしっかり取得できるようにしておきたい。

Prescottさんという天才が作ってくれたプラグインによって、オリコン歌詞タイムなどのサイトから歌詞をGETできるようになるので、そのやり方を説明しておこう。

まずはMusicbeeのアプリを終了しておく。

そしてここからPrescottさんが作ったプラグインをダウンロード。

いろいろ置いてあるけど「mb_Kget…」で始まるファイルをクリックしてデスクトップにでも保存しておこう。

これがあれば歌詞GETというサイトから歌詞を取得できるようになるんだ。

次にデスクトップにあるMusicBeeのショートカットを右クリックして「ファイルの場所を開く」をクリック。

こんなのが開いたら、その場所に「Plugins」ってフォルダがあるのでその中に入る。

そこに先ほどデスクトップに保存した「mb_Kget…」で始まるファイルを置く。

ここでMusicBeeを起動。

うっかり起動したままでも、一旦終了してもう一度起動すればいいよ。

そして画面左上のここから[設定]を起動。

設定画面が出たら、下の画像の手順で設定を変更。番号順にやってね。

お疲れ様でした。これで設定は終了です。

さぁ好きな曲を再生してみて。歌詞パネルを配置してれば、そこに歌詞が表示されるはずだよ。

スポンサーリンク

イコライザを変更して自分好みの音質にしよう

コメントでイコライザについて質問をもらったので、ここでちょっと説明しておくね。

MusicBeeに最初から登録されているイコライザは全部で29種類もある。

自分でも自由にいくつでも作成することができるし、曲のジャンルに合わせて自動で音質を変更させることもできる。

自分好みのイコライザを作成する

イコライザの画面はさきほどの設定画面から[プレーヤー]を選択して[イコライザとDSP…]をクリック。

MusicBee・イコライザ

パネル構成でプレーヤーコントロールを表示しているならココを押してもOK。

MusicBee・イコライザ

そして[イコライザを有効]にチェックを入れ、この中から好みの音質を選択すればいい。

MusicBee・イコライザ

好みの音質がなくても、ここで新たに作ることもできるよ。

青枠の部分をいろいろいじって好きな音質ができたら、[プリセットを保存]をクリック。

MusicBee・イコライザ

ここで注意すべきは、元々あるファイルには上書きせず、必ず自分が作ったものと分かるようなオリジナルの名前で新規にファイルを保存すること!

また、ここで付けたファイル名がそのままイコライザで表示されるので、どういった音質なのかが分かる名前にしておくのもいいと思う。

MusicBee・イコライザ

曲のジャンルに合わせてイコライザを自動で変更する

この設定にするには、やるべき設定が2つある。

1つ目は、曲に対してきちんとジャンルを設定すること。

2つ目は、ジャンル名と同じ名前のイコライザを作成すること。

曲のジャンル変更は、曲一覧で対象の曲を選択した状態でジャンル部分をクリックすれば変更できる。

MusicBee・ジャンル変更

曲一覧で対象曲を右クリック[編集]を押せば、この画面でも変更することができる。

MusicBee・ジャンル変更

あとはきちんと同じ名前のイコライザイが作成されていることを確認して、

MusicBee・ジャンルによる自動設定

イコライザの設定を[ジャンルによる自動設定]に設定する。

MusicBee・ジャンルによる自動設定

あとは好きな曲を再生してみよう。

設定がちゃんとできていれば、再生している曲のジャンルと同じ名前のイコライザが適用されているはず。

最後に

というわけで、僕がオススメする無料音楽プレーヤー「MusicBee」の紹介でした。

音楽に+αの楽しさを与えてくれるMusicBee。

この瞬間も僕はMusicBeeで音楽を聴きながらこの記事を書いてます。

僕はこれを使うようになって、今までの音楽をより近くに感じられるようになった。

今使ってる音楽プレーヤーに満足してない人いたら、是非MusicBeeをお試しあれ。