石油元売り大手3社の店舗数
引用:gogo.gs

2017年9月、日本の石油元売最大手であるJXTGエネルギーは、2019年7月までにENEOS・エッソ・モービル・ゼネラルのサービスステーションを「ENEOSブランド」に統一すると発表した。

その結果、画像のようにエネオスが日本のガソリンスタンドの約半数を占めることになる。

そんなこともあって、僕が住む地域では半径5km圏内のガソリンスタンドには必ずエネオスがある。

コンビニならセブンイレブン、ガソリンスタンドならエネオスと言ってもいいほどよく見かけるようになった。

数が多いだけならまだしも、出光昭和シェルなどと比べるとガソリンの値段も安いんだよね。

こうなってくるともうエネオスで給油しない理由が見つからない。

他のガソリンスタンドは今後どうするんだろう。

エネオスカード(C/P/S)の違い

ガソリンの月別購入量
引用:総務省「ガソリンへの支出」

総務省の調べによると、世のガソリン購入量の平均は平成24年の時点で43.3L。

それから5年以上も経った今、ハイブリッド車や電気自動車も増え、ガソリン車の燃費も更に向上した。

総務省の最新データがないとはいえ、これよりも購入量が減っているのは確かだろう。

車に不可欠なガソリン。ガソリンを入れる場所はガソリンスタンド。ガソリンスタンドといったらエネオス。

そしてエネオスといったら「エネオスカード」。

エネオスが幅を利かせてるこの時代、エネオスカードを持たずに給油するなんて勿体無い。

そんなエネオスカードには「C・P・S」の3種類がある。

エネオスカード

    
カード名ENEOSカード CENEOSカード PENEOSカード S
タイプキャッシュバックポイント還元キャッシュバックとポイント還元
年会費1350円(税込)※初年度無料1350円(税込)※初年度無料1350円(税込)※初年度無料
※ただし、年1回以上のカード利用で次年度無料。
内容毎月のカード利用金額に応じて変動。

■ガソリン・軽油
・7万円以上利用→7円/L引き
・5~7万円未満利用→5円/L引き
・2~5万円未満利用→4円/L引き
・1~2万円未満利用→2円/L引き
・1万円未満利用→1円/L引き

■灯油
・いつでも1円/L引き
■ENEOSなら1000円ごとに30ポイント(3%還元)
■ENEOS以外なら1000円ごとに6ポイント(0.6%還元)
■ガソリン・軽油はいつでも2円/L引き
■灯油はいつでも1円/L引き
■ENEOSでのカーメンテ商品(ガソリン・軽油・灯油以外)は1000円ごとに20ポイント(2%還元)
■ENEOS以外は1000円ごとに6ポイント(0.6%還元)
注意点値引き単価の適用は、ガソリン・軽油の合算で毎月150Lまで。それを超えたらガソリン・軽油の値引きは一切なし。ポイントは、ENEOS、ENEOS以外でそれそれ月間利用合計に対して算出され、1000円未満の端数は切り捨て。ポイントは2年間有効。ポイントは、ENEOS、ENEOS以外でそれそれ月間利用合計に対して算出され、1000円未満の端数は切り捨て。ポイントは2年間有効。

どのカードも自分のスタイルにハマればすごくお得なカードになり得ることは間違いない。

たがしかし、一歩間違うとお得どころか大損になってしまうのも事実。

でも自分に合ったカードがどれかなんていまいちピンとこないもの。

大丈夫、アバにお任せ下さい。

あなたの毎月の給油量に合わせて、細かくドケチにシミュレーションしてみました。

これさえ見れば、あなたが選ぶべきエネオスカードが必ず見えてきますよ。

スポンサーリンク

ENEOSカード C(キャッシュバックタイプ)

ENEOSカード C(キャッシュバックタイプ)

このカードの仕組みは、当月のカード利用額によって割引単価を割り出し、翌々月に給油した分に対してその単価を適用する。

でも翌々月分に給油した分の請求はさらに翌月なわけで、つまりある月の単価が反映されたキャッシュバックは3か月後ということになる。

この法則からいくと入会初月とその翌月の単価は割り出せないことになるので、1回目と2回目の単価は「2円/L引き」固定。

データの関係性を分かりやすく同じ色で分けてみた。

ENEOSカード C(キャッシュバックタイプ)

4ヶ月目のように、せっかく7円/Lもの単価が適用されるのにその前月は給油量が少なかった。

その逆で5ヶ月目のように、適用される単価が低い月なのにその前月はたくさん給油してた、なんてこともあり得る。

たくさん給油した分それがそのまま安くなる、というシンプルな仕組みじゃないのがすごくイケてない。

さらに厄介なのは、「値引き単価の適用は、ガソリン・軽油の合算で毎月150ℓまで」という縛り。

つまり最大の値引き単価が適用されたとしても150L*7円引き=1050円がひと月のキャッシュバック限界ってことになる。

そもそも最大の値引きを受けるには毎月7万円以上ものカード利用が必要なのに、毎月40Lしか給油しない人がこのカードでガソリン代として払えるのは40L*150円=6000円だけ。(リッター150円計算)

既に別のカードで公共料金や生活費などを支払ってる人も多いだろうし、毎月7万円以上っていうのはかなりハードルが高いくせに、このCカードのイケてない点はそれだけではない。

例えば楽天カードなら、カード利用額に対して最低でも1%はポイント還元されるので、毎月7万円もの支払いに使ってたらそれだけで700ポイントは貰える。

PカードやSカードだって最低0.6%はポイント還元される。

なのにCカードはガソリン以外の支払いには何のメリットもない。

毎月40Lしか給油しない人が2円~7円引きに到達するには、ガソリン代に加えてこれだけの支払いが必要になる。

ENEOSカード C(キャッシュバックタイプ)

その支払いで本来もらえるポイントを、他のカード同様に1000円ごとに6ポイント(0.6%還元)で計算すると、毎月の損失はこうなる。

ENEOSカード C(キャッシュバックタイプ)

他のカードなら手に入るこれらのポイントを犠牲にするんだから、最低でもこの金額以上の儲けがないと割に合わない。

ENEOSカード P(ポイント還元タイプ)

ENEOSカード P(ポイント還元タイプ)

このカードは給油量(リッター)に対してでなく使った金額に応じてポイント還元される。

CやSのカードは1Lに対して○円引きという仕組みなので、この先ガソリン単価がどう変動しようが特に影響はない。

しかしPカードはガソリン単価が上がれば上がるほど威力を発揮することになる。

さらにこのカードは、エネオスでの給油だけでなくこのカードで支払ったものすべてが対象となる。

通常のショッピングでも光熱費の引き落としに使っても、その利用分はCカードのように無駄にはならない。

ただしその還元率はENEOSでの利用なら驚異の3%だが、ENEOS以外では0.6%と激減してしまうので注意。

還元額の算出のタイミングは会計毎ではなく、月間利用合計に対して計算されるので、一回の会計が1000円未満でも月間で1000円を超えていれば問題なし。

ENEOSカード S(キャッシュバック+ポイント還元)

ENEOSカード S(キャッシュバックとポイント還元のハイブリッドタイプ)

このカードはCカードとPカードを融合したようなハイブリッドタイプのカードだ。

エネオスでの給油だと「2円/L引き」というキャッシュバック型になり、エネオスでの給油以外は「1000円ごとに○ポイント」というポイント還元型になる。

ガソリンとして見た場合、Cカードは最大7円引きだけどこのSカードは2円引き固定。

ガソリン以外で見た場合、エネオスでの利用はPカードと比べて3%2%へ。エネオス以外ではPカードと同じく0.6%。

ナニコレ?Sカードは他のカードの悪いとこ取りなの?と思いきや・・・

このカード最大の魅力は「実質年会費が無料」だということ。

Sカードは年に1回でも使用していれば年会費がタダになる。

つまり他のカードのように、使い方次第では年会費分すら回収できずにマイナスになる、というリスクがこのカードにはないのだ。

数字で見る3つのカードの違い

それでは実際の金額でそれぞれのカードのお得感を見てみよう。

3つのカードを比較するにあたってはリッター単価が重要になってくる。

今日現在のレギュラーガソリン単価は全国的にみて130円~150円くらいなので、高めの150円で比較してみようと思う。

まずは単純にひと月でどれだけお得になるかの試算。

エネオスカード試算

世の給油量平均である40L~50Lを四角で囲ってみた。

これだけ見るとCカードの7円引きが一番お得に見える。

ここに年会費1350円を考慮して、さらに年間で見てみる。

エネオスカード試算

こうすることで年会費を回収できない部分がマイナスで見えてくる。

Cカードはエネオス以外で使っても何の意味もないので大赤字だし、エネオスだとしても1~2円引きでは年会費を回収できずに赤字。

Pカードはエネオスでの還元率が高いとはいえ、エネオス以外で給油ばかりしていては意味がない。

Sカードはさすが年会費がかからないだけあって、どんな使い方をしても赤字になることはない。

全体的にみても、ここでもCカードの上位値引き単価が優勢に見える。

しかし先ほどのこれを忘れてはいけない。

ENEOSカード C(キャッシュバックタイプ)

Cカードは値引き単価を獲得するために、本来他のカードならもらえるであろうポイント還元を犠牲にしている。

その分を差し引いてもう一度比べ直してみよう。

エネオスカード試算

なんということでしょう。

こうしてみると、ひと月に40L~50Lの給油量だとSカードが一番お得という結果に。

確かにPカードも負けてはいない。むしろ60Lを超えた辺りからはPカードが断然お得になってくる。

しかしそれはあくまでもエネオスだけで給油した場合。

エネオス以外で給油するとそのお得感が激減してしまうのを忘れてはいけない。

エネオスだけで給油できる確信がないのなら、絶対にマイナスが発生しないSカードを選んだ方が賢明だと思う。

ちなみに給油量別でみるカードの選び分けを四角で囲ってみた。

これはあくまでもエネオスだけで給油した場合の話なので参考程度までに。

エネオスカード試算

こんな試算をアレコレずっとやっていて思ったことがある。

Cカードは作る価値無し!!

犠牲やリスクに対しての見返りが割に合ってない。

先ほどの本来もらえるであろうポイント還元を犠牲にしてる話。

あれは例えば7円引きなら7万円ぴったりのカード利用をした場合であって、でも実際は7万円ぴったりなんて無理でしょ。

だから実際はもっと損してると思う。

ましてやエネオスでの給油以外は全くの無価値すぎるので、危なっかしくてまともに使えたもんじゃない。

最後に、比較結果表をリッター130円・140円・150円と並べて載せておこう。

リッター130円の場合

エネオスカード試算

リッター140円の場合

エネオスカード試算

リッター150円の場合

エネオスカード試算

スポンサーリンク

さいごに

今回の試算をやってみて、僕の結論としては、

ひと月の給油量が60L以下なら「エネオスカードS」を。

ひと月の給油量が60L以上なら「エネオスカードP」もアリかも。

ただしこの先リッター200円の時代が来たなら、平均の人でも迷わず「エネオスカードP」を。

エネオスカードは偉大だ。

店舗によってはエネオスカードを提示するだけで店頭価格から値引きされることもある。

その値引きとは別に今回まとめたエネオスカードの特典があるわけで。

しかもなんと、エネオスカードと同時にETCカードも無料で作ることができるのだ。

エネオスカードとETCカードの支払いは連動しているので、PとSのカードではETC利用額の0.6%が還元対象に。Cカードは残念ですが・・・。

みんなもこの時代のカーライフをお得に生き抜くために、ぜひエネオスカードは持っておこうね!