おすすめアミノ酸シャンプー

昨年に円形脱毛症を発症し、身体のこと、頭皮のことを本気で考えようと思った。

身体は自分を裏切らない。裏切ったのは僕の方だ。

本当に申し訳ないことをした。

まずは僕が変わること。僕が身体に良いことをすれば、身体は必ず応えてくれるはず。

だからしっかり理解しよう。今までしてきたこと。これからすべきこと。

「つもり」とか「よかれと思って」とかそんなんじゃなくて、本当に頭皮に良いことをしたい。

自分は頭皮に良いことをしているんだと自信を持ちたい。

シャンプー本来の役割

シャンプーのあるべき姿は、

頭皮にダメージを与えずに、必要なものは残しつつ、汚れだけを落とすこと。

髪や頭皮の生活汚れは、実は水だけで・・・・ほとんど落ちるから、本来はそこまでの洗浄力はいらない。

整髪料を使っている場合でも、落とすべきは頭皮でなく髪の毛の方だし、事前のすすぎや2度洗いをすることでしっかり落とすことができる。

しかし「洗浄力」という言葉ばかりが一人歩きして、自分の頭皮環境もよく分からずに、とりあえず・・・・・洗浄力が強いシャンプーを使っている人が多い。

汚れを落とすことばかりに気を取られ、そのせいで逆に頭皮が傷つけられていることには気付いていない。

シャンプーの種類と特徴を知っておこう

洗剤も石鹸もシャンプーも、洗浄を目的とするものには必ず界面活性剤が入ってる。

シャンプーの大部分はこの界面活性剤でできていて、界面活性剤が汚れを落とすと言っていい。

つまり、界面活性剤こそがシャンプーを選ぶときに最も重要視すべきものなのだ。

界面活性剤には種類がたくさんあって、その中でもシャンプーでよく使われるものは大きく分けて2種類ある。

  • 高級アルコール系
  • アミノ酸系

高級アルコール系

メリット洗浄力が非常に強く、泡立ちも良い。価格が安いので経済的。
どこのドラッグストアでも手に入れることができる。
デメリット洗浄力が非常に強く、必要以上に皮脂を落としてしまう。
肌への刺激が非常に強いので、乾燥や皮膚の赤み、薄毛や抜け毛の原因になる。
ラウリル硫酸ナトリウムは分子のサイズが非常に小さいので経皮毒を起こす危険性がある。
成分例※以下の単語が成分名に含まれる。
ラウレス硫酸
ラウリル硫酸
スルホン酸
補足高級と付くけど、これは科学的な面での意味であり、決して「良いもの・高価なもの」という意味ではない。

アミノ酸系

メリット皮脂を落とし過ぎない控えめな洗浄力なので、髪や頭皮を傷めずに優しく洗うことができる。
アミノ酸が皮膚や毛髪を保護する。
アトピーやアレルギー、敏感肌にも使用できるので、赤ちゃんでも安心。
頭皮環境の悪化による薄毛や抜け毛を防ぎ、健康的な髪が生える環境を整えられる。
デメリット洗浄力が控えめなので、脂性肌の人には物足りない。
原料が高価なので価格が高い
代表的成分※以下の単語が成分名に含まれる。
メチルアラニン
ココイル
ベタイン
補足どの成分をどの程度含んだものが「アミノ酸シャンプー」だという定義が無いので、成分と含有量には注意が必要。

シャンプーを選ばされているという現実

シャンプーの成分表記は、全成分を表示することと、配合量の多い順に記載することが薬事法で決められている。

つまり成分表記の最初にある水や精製水は別として、それ以降に記載されているのが主な洗浄成分ということになる。

あなたのシャンプーは高級アルコール系?それともアミノ酸系?

ラウレス硫酸ラウリル硫酸などの刺激が強いものは入ってなかった?

そもそも界面活性剤に種類があることや、その違いについて知らなかった人も多いだろうし、シャンプーを買うときはドラッグストアなどで購入する人がほとんどだと思う。

でもそこにあるシャンプーのほとんどは、安価で大量生産できる「高級アルコール系」ばかり。

つまり僕たちは、シャンプーを自由に選んでいるつもりで、実は知らずに高級アルコール系のシャンプーを選んでしまっているのだ。

アミノ酸シャンプーを選ぶべき理由

高級アルコール系が厄介なのは、肌への刺激が非常に強いこと。

頭皮や毛穴の皮脂までも根こそぎ洗い落とせば、そりゃあ洗いあがりはサッパリするだろう。

ただしその先に待っているリスクを君は知らない。(僕も知らなかったorz)

皮脂は頭皮を守るバリアなので、それを取り除けば頭皮が細菌や乾燥などの様々な危険に晒されるのは当然。

そして高級アルコール系の強い刺激によって頭皮が傷付いて炎症や乾燥を引き起こし、頭皮環境を悪化させる。

フケやかゆみの原因だって、実は不衛生よりも乾燥などで引き起こされている場合が多い。

ハゲないようにと使っていたシャンプーが原因で、余計薄毛や抜け毛に悩まされるとか悲しすぎるでしょ。

その点アミノ酸系シャンプーは、

皮脂を落とし過ぎず、髪や頭皮を傷めずに優しく洗うことができる。

アミノ酸系シャンプーは、頭皮環境を改善するというよりも、頭皮環境を乱さないって言ったほうが正しいのかもしれない。

僕が今まで使ってきたシャンプー

僕が円形脱毛症を発症する寸前まで使用していたシャンプーがこれ。

メリット・ピュアン
花王メリット ピュアン ナチュラル&スロー

これがピュアンの成分。

水、ラウレス硫酸アンモニウム、エタノールラウリルヒドロキシスルタイン、ラウレス-16、ラウラミドプロピルベタイン、イソデシルグリセリルエーテル、PPG-3カプリリルエーテル、リンゴ酸、レモン果実エキス、キウイエキス、キイチゴエキス、グリチルリチン酸2K、ポリクオタニウム-10、コカミドMEA、ラウレス-3、塩化Na、リン酸、水酸化K、ベンジルアルコール、BG、安息香酸Na、香料0

この成分を調べてみると、ピュアンとか純粋っぽくて可愛らしい名前とは裏腹に、強烈でおぞましい本性が見えてきた。

なんと、水を除いた主成分TOP4が強烈な刺激物のオンパレード!

硫酸だよ?エタノールだよ?ラウレス-16は有害物質管理法にも指定されてるし。

こんなモノを僕は毎日頭に付けていたのか。

ピュアンとかいう優しそうな響きにつられて、僕はいずれハゲる宿命を背負った頭を痛めつけていたのか。

バカな僕が毎日のように頭皮を攻撃するもんだから、頭皮の免疫系機能がおかしくなって円形脱毛症になっちまったのかもしれない。

頭皮よ、身体よ、本当にすまぬ!

しかし僕は目が覚めた。もう安心してくれ。

身体に悪いことをしたと分かったからには、それを改善して必ず髪を取り戻してみせる。

僕が選んだアミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーのこと、たくさん調べた。

サイトに載ってない細かいことまで、各メーカーに電話で問い合わせまでしてしまった。

対応下さった方、本当にありがとうございました。

僕が選んだアミノ酸シャンプーは「アロマのやさしさ」だ!

アミノ酸シャンプー「アロマのやさしさ」
出典:アミノ酸シャンプー「アロマのやさしさ」公式

公式サイトを見れば、このアミノ酸シャンプーがどんなに良いものか分かってもらえると思う。

ぜひ「シャンプーは本当に良いものを作ると売れなくなってしまう・・・」の部分を読んで欲しい。

良いアミノ酸シャンプーを作りたいっていう強い想いがすごく伝わってくるから。

僕が「アロマのやさしさ」を選ぶ決め手となった理由がこの2つ。

  • 成分も配合量もちゃんとアミノ酸
    少しのアミノ酸に大量の硫酸系やスルホン系を混ぜてアミノ酸シャンプーと謳っている商品が多い中、アロマのやさしさは成分も配合量も正真正銘のアミノ酸シャンプーといえる。
  • シャンプーだけでリンスがいらない
    アミノ酸シャンプーでも、リンスもセットにして販売してるところが多い。でもアロマのやさしさは、アミノ酸の成分自体に潤い効果がある上、植物油などの天然保湿成分が入っているからリンスは必要ない。

この「シャンプーだけでリンスがいらない」というのは実はすごく重要で、平日の限られた時間の中でお風呂の時間が短縮できるってこと。

疲れた日とかお風呂が面倒に感じるけど、アロマのやさしさならササッと洗えるからめんどくさがらずに毎晩しっかり洗髪できるんだよね。

そもそも市販のシャンプーはどうしてあんなにコンディショナーをセットで売るのか?

  • シャンプーの強い刺激によって髪や頭皮に与えてしまったダメージを補修する必要があるから
  • 見せかけの綺麗を演出することで髪の調子が良くなったと錯覚させ、商品をまた買わせるため

髪のパサつきとか広がりとか、自分で髪や頭皮を痛めつけといてそんなこと言う前に、まずは頭皮を健康にしよう。

畑と一緒で痩せた土からは元気な作物は育たないから。

逆を言えば、健康な頭皮から生えている髪が不健康なハズはないんだから。

さいごに

僕が円形脱毛症になってからのこの約3ヶ月間。

整髪料をつけたまま寝るのを止め、朝風呂でなくきちんと夜風呂にし、頭皮のことを考えてこのシャンプーを使ってきた。

その結果、髪の生え変わりサイクルである4ヶ月を待たずして、脱毛部分に髪が生えてきた。

身体に良いことをしたから、身体がそれに応えてくれたんだと思う。

こうして髪が生えてきたから言えることだけど、

円形脱毛症のせい・・で失った髪よりも、円形脱毛症のおかげ・・・で得たことの方が多かった。

円形脱毛症、ありがとう。

アバが使ってるアミノ酸シャンプーはコレ!
アミノ酸シャンプー「アロマのやさしさ」

ワイフが使ってるアミノ酸シャンプーはコレ!
haru・kurokamiスカルプ