富士山シザー

今から20年以上も前のこと。

僕の通っていたド田舎の中学校では、男子は全員坊主頭でした。

別にお坊さん養成学校に通ってたワケじゃないよ。

それが校則だったんだ。周りの中学校も全部そうだったし。

「男子中学生は丸坊主にしなければならない」

今の時代でそれだったらブーイングの嵐なんだろうけど、当時はそれが当たり前のように扱われていた。

だから僕は、それが自分の中学だけでなく日本の規則・・・・・なのかと思ってた。

そんな僕の小学校の時の髪型はツーブロックだったから、いきなり丸坊主にするのは本当に辛かった。

でも規則なんだから仕方ない・・・

ということで、小学校を卒業してから中学校入学までの春休みに、僕は近所の床屋で泣く泣く出家したんだ。

あのときのサッパリ感、床屋を出てふと風に吹かれた時の爽快感は今でもよく覚えている。

僕がセルフカットをするようになった理由

中学校3年間の坊主縛りも終わり、高校に入ってすぐに髪を伸ばし始めた。

僕の高校は私服だったので、早く髪を伸ばしてオシャレして女性たちとイチャコラしたいお年頃。

髪もだいぶ伸び、もう高校生ってことで床屋は卒業して美容院に行くことを決意。

当時人気があった芸能人「河相我聞」の雑誌の切り抜きを握りしめ、そそくさと美容院へ。

アバ
こんな感じでお願いします!

河相我聞

そしてできあがった髪型がこんなん。

美容師
お待たせしました。

蛍原徹

は?どうやったらこうなんの?

美容師:「髪質が違うんで・・・」

髪質じゃねぇ!これはお前のウデの問題だ!

涙目で家に帰り、家にあった文房具用のハサミを駆使し、なんとか河相我聞っぽく見えるように修正。

人間やればできるもんだ。

その件以来、美容師にとてつもない不信感を抱いた僕。

どうせ思ったようにカットしてもらえないなら自分で切ったほうがマシや。

ってことで親にお願いして、近所のホームセンターで髪切り用のハサミとすきバサミのセットを購入。

前髪はまだしも、横や後ろは三面鏡を駆使してなんとかカットしていく。

そんな感じでメキメキとセルフカットスキルは上がり、洗顔→歯磨き→散髪のノリで気軽に散髪するようになる。

少し伸びたら気軽にカットしちゃうので、周りからは「アバって髪伸びないの?」なんて言われたりもした。

そんなことを続けてきた今では、三面鏡がなくても指の感覚だけで後ろ髪も切れるようになった。

他人ともふとした会話から髪を自分で切ってることを告白すると、大抵は「信じられない」といった反応をされる。

ということはまぁそれなりに仕上がっているということだろう。

スポンサーリンク

すきバサミはセルフカットの必需品

どんなに高級な絵の具を使っていても、そもそも絵のセンスがなければいい絵なんて書けない。

セルフカットも同じで、目指す髪型とハサミにはさほど因果関係はなく、大事なのはカットする人のセンス(感性)だ。

僕は今までずっとそう信じてきた。

むしろハサミなんて「馬鹿と鋏は使いよう」ということわざがあるように、使い方ひとつでどうとでもなる。

だから僕が今まで使ってきたハサミはどれも安物だったし、メーカーだって全く気にしたことはなかった。

僕のセルフカットの工程はこうだ。

1.すきバサミを使って全体的にカットして体裁を整える。
2.最後に普通のハサミでチョロチョロと切りそびれた長い髪をカットする。

こんな感じにメインで使っているのはすきバサミで、セルフカットの9割方はすきバサミだけで事足りてしまう。

すきバサミは通常のハサミと違いバッサリ切れてしまうわけじゃないので、ミスっても目立ちにくい。

カットする前の長さを10として、7の長さにカットするなら5・7・9と三段階にすきバサミを入れることでカットした部分が分かりにくくなり、髪切りました感が出ない。

いや、別に出てもいいんだけどね。

要は少しずつカットできるから素人でも失敗しにくいんだ。

すきバサミに大事なのは「切れ味」

すきバサミは髪を傷める。

素人のセルフカットにおいて、これは事実だと思う。

プロが使う1本10万円近くするようなハサミと、美容師並みの知識と技があれば、そのダメージはだいぶ減らせるかもしれない。

でも素人がそこらの安いすきバサミで大した知識もなくただカットしている限り、髪は相当なダメージを負っていると思っていい。

その原因がこれ。

切れ味が悪いハサミを使っている。またはハサミのお手入れをしないせいで切れ味がすぐ落ちる。

切れ味が悪くて上手く切れないから、棒刃と櫛刃を押し付けるように余計な力を入れて切ろうとする。

支点の立て付けが悪くなったり、刃同士が必要以上に当たることで余計に切れなくなる。

髪をスパッと切るのではなく潰すように切ってしまったり、髪がハサミに引っ掛かって折れたりして髪が傷む。

セルフカットを20年以上やってきて、これまでたくさんのハサミを使ってきた僕が断言する。

安いハサミは切れ味が悪い。

とはいえ、今までの僕はそれが切れ味が悪いなんて思ってなかった。

だってそもそもプロが使うような「切れ味が良いハサミ」なんで使ったことないんだもの。

僕が使ってきたハサミなんて、どこのドラッグストアでも売ってるような1200円くらいのやつ。


たまに欲張ってちょっと高い2500円くらいのも使ったことはある。

でもいざ使ってみると1200円のやつと大して変わらなかった。

むしろギャッツビーよりも切れ味が悪いような、梳き方にもムラがあるような感じだった。

それで櫛刃をよく見たらこれ。

すきバサミ

なにこのクオリティ?溝がぜんぜん均等じゃない。

作りが雑ってことは切れ味だって良いはずがない。

ギャッツビーの倍のお金を出しても結局この程度か。

だったら安いハサミで十分ってことで、これまでハサミにはほとんどこだわってこなかった。

でもあるハサミと出会ったことで、僕のこれまでの考え方が一変したんだ。

スポンサーリンク

プロ仕様のすきバサミ「富士山シザー」

以前から富士山シザーの存在は知りつつも、ちょっとお高いので今まで選択肢には入らなかった。

それがある時、すきバサミの買い替えタイミングとパチスロで大勝ちするという出来事が重なったことで、普段では絶対に手を出さない1本4000円以上もする「富士山シザー」を購入。

軽い散財のつもりだった。

それがまさか、このはさみが僕のセルフカットの世界観を一変させるとは思ってもみなんだ。

富士山シザー

そう、富士山シザーには僕が今まで使ってきたハサミには無い3つの優れた特徴がある。

  • 凄まじい切れ味
  • 15%という脅威のスキ率
  • 専用ケースとお手入れセット
凄まじい切れ味

ハサミを親指と薬指で優しく持って、軽く開閉するだけのチカラで髪が切れてしまう。

他のハサミでこんなことしたら確実に髪が刃の間に挟まって折れてしまうだろう。

しかし富士山シザーは刃に捉えた髪は必ず切って落とす。

そしてカットした時の手に伝わる感覚や音も別次元。

今までのハサミは「ジャキジャキ」って感じだったけど、富士山シザーは「スッ」と切れる。

髪の負荷を一切感じないから切れたのかどうかも不安になるレベル。

15%という脅威のスキ率

すきバサミ一度の開閉で、捉えた髪の何パーセントを梳くことができるかという数値がスキ率だ。

これが高ければ高いほど一度にカットされる髪の量は増え、カットラインが出やすくなる。

一般的に出回っているすきバサミのスキ率は30%超えがほとんどで、100均のはさみに至っては50%近くある。

一か所でハサミを2回開閉したらパッツンいってしまう計算。

こんなんでヘアカットに不慣れな素人が上手くカットできるワケがない。

その点、富士山シザーのスキ率は15%という驚異の少なさ。

スキ率の少なさはそのまま失敗するリスクの少なさに繋がる。

しかも富士山シザーのすきバサミは、旧式のU字やV字タイプでなく次世代のフラットタイプ。

上:ギャッツビーヘアセルフカットセットのすきバサミ
下:富士山シザーのすきバサミ
富士山シザー

U字やV字タイプは溝に捉えた分だけカットしようとするので、切れ味や負荷によっては髪を押し潰したりちぎったりしてしまう。

でもフラットタイプなら刃が髪を必要以上に捉えてしまった時、髪が刃から横に逃げることができるので髪を傷めにくいんだ。

そして以外に大事なのがハサミを閉じた時のこの隙間。

上:ギャッツビーヘアセルフカットセットのすきバサミ
下:富士山シザーのすきバサミ
富士山シザー

ハサミを閉じた時、刃から逃れた髪がこの隙間に入る。

この隙間が狭い場合、逃れた髪がこの隙間で束ねて押し潰されて、棒刃によって傷付けられてしまう。

閉じたまますきバサミを抜いてしまった時には、棒刃でキューティクルが削られることになる。

でも富士山シザーはこの隙間も広くとってあるので安心なのだ!

専用ケースとお手入れセット

僕がこれまですきバサミを使ってきた環境は洗面台が多く、場合によってはお風呂でも使ったりする。

そして使用後はティッシュで軽く水気を拭いてそのまま洗面台の棚にポイ。

どうせ安物だからというのもあって、使用後のお手入れなんてほとんどしたことない。

ところが富士山シザーは4000円以上もする高級品なので、そもそも雑に扱う気にならない。

それどころか富士山シザーには使用後のメンテナンス用に、専用の「シザーオイル」と「セーム皮」が付属している。

富士山シザー

そして豪華な専用ケースまで付いている。

富士山シザー

正しい使い方やメンテナンス方法の説明書もしっかりしている。

富士山シザー

富士山シザーを使うとセルフカットがすごく快適になるので、使った後も大切にしたくなる。

そこにメンテナンス用品と専用ケースがあるもんだから、使わずにはいられないんだよね。

こんな感じで今までのように雑に扱うことがないので、富士山シザーはいつまでも素晴らしい切れ味を保てるというワケなのだ。

スポンサーリンク

さいごに

僕はすきバサミをメインで使うので、あえて1本だけのコレを購入した。

でもこれからセルフカットを始めたいという人や、どうせなら両方欲しいって人は2本セットもある。

カット後の切った髪の掃除も結構大変なので、これを機に散髪用ケープも買いました。

これをかぶってヒゲを付ければ、メキシコでマラカス振ってるような陽気なオッサンに変身できます。

富士山シザーに出会ってしまった今だから言える。

馬鹿と鋏は使いよう

馬鹿言ってないで、ちゃんと鋏にはこだわったほうがいい。