MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)

オシャレな男は知っている、MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)

  

先日、ちょっとしたお返しに女性からあるモノを貰いました。

これです。

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)

  

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)っていうアイテムなんだけどね。

あー知らなくても恥じることはないよ。僕も知らなかったんだから。

え?知っていた?

背伸びするんじゃないよ!!

オシャレな僕でさえ知らなかったのに、君が知ってるわけないだろうが!

張り合うんじゃないよ、まったく。

女子力激高アイテム、MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)

で、君も知らなかったこのMARKS&WEBを僕も知らなかったわけだ。

ノーブランドのスキンケア商品なんて何入ってるか分からんし、怪しいから要らないんだよね。

ていうか、僕は既に「ニベア」という国民的鉄板コスメを使ってるし。

まぁでも折角タダで貰ったことだし、ニベアの補助的な感じで消化しとくか~ってことで会社で使ってたワケさ。

  

ある日、貰ったこのハンドクリームを贅沢にぬりぬりしていると、一人のオシャレな女性社員がやってきて、

オシャレな女子社員
アバさん!MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)使ってるんですね~
オシャレな女子社員
さっすがアバさん!女子力たかーい
???
…!!(空気を察する)
当然でしょ~。ハンドクリームとかリップはいつもコレだよ~~ニッコリ

  

嗚呼、やってしまった僕のバカ。こんなハンドクリーム知らねーよ。

でも会社で一番オシャレなあの子が言うんだから、きっとイケてるアイテムなんだろう。

急げアバ!目にもとまらぬ早業でMARKS&WEBを調べあげるのだ!

やる夫

マークスアンドウェブは、2000年に東京で生まれたデイリープロダクトを提案するブランドです。人はひとりひとりその表情が違うように、趣味や嗜好も異なります。(~中略~)そんな「自分らしく毎日の生活を楽しみたい」と考える方に、毎日のお気に入り(MARKS)を提案します。そして、自然と広まっていき(WEB)、長く親しく愛用される存在になれればと願っています。
出典:MARKS&WEB公式・マークスアンドウェブとは

MARKS&WEB習得!!

簡単に言うと、庶民とは一線を引きたがっているちょっとお高くとまった人こだわりを持ってるオシャレな人向けの自然派アイテムを取り扱うブランドってことね。

  

さてお次は価格だ。貰いもんだからたっぷり使ってたけど幾らすんのコレ?

商品名お値段(税込)
ハーバルハンドクリーム
(ウェイクアップ)
¥ 1,274
ハーバルリップクリーム
(ラベンダー/ローズマリー)
¥ 972

 

は?なにこれ?ニベアの5倍くらいすんだけど?

嗚呼、もっと大切に少しずつ使えばよかった。

てゆーかこんな高級品を僕にプレゼントするってことは、くれた女性は絶対に僕のこと好きじゃん!(安易)

ハンドクリームの意味は、僕と手を握りたいってところか。

リップに至ってはもうチューしたいってことでしょ?

ちょっと待ってよー僕既婚者なんですケドー尻にしかれてるんですケドー

でも申し訳ないが僕はワイフ一筋なので告られてもないけどお断りしておきますね。

プレゼントにMARKS&WEB(マークスアンドウェブ)

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)
引用:MARKS&WEB公式

 

しかしこのマークスアンドウェブとやら、女性から男性へのプレゼントに最適じゃないか?

クリスマスや誕生日、バレンタインとか特別な時にも使えそうだし、ちょっとしたお返しにもいいと思うぞ。

パッケージもすごくオシャレだし、男性だってスキンケアを気にしてる人多いし、自然派志向でお肌にも良さそう。

こんな高価なモノ自分じゃなかなか買わないから、貰ったら(価値さえ分かれば)確かに嬉しいわ。

 

さて、それでは世のイケメン代表として、この僕が男性へのプレゼントにオススメなアイテムを見繕ってあげよう。

いくらオシャレなMARKS&WEBとはいえ、もらっても大して嬉しくないものだってあるからさ。

せっかくプレゼントするんだから、あげる側の自己満足じゃなくて、もらう側が本当にもらって嬉しいものにしないとね。

ただここに挙げるものに関しては、この僕が嬉しいんだから世の男性はほとんど嬉しがると思うぞ。

渡す相手によって予算とか違うと思うから、金額別にでもまとめておこうかね。

~1000円

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)
引用:MARKS&WEB公式(ギフトセットNGSC017)

 

ミニソープとベビータオルを組み合わせたプチギフト。

ぶっちゃけ男性に入浴剤とか石鹸あげても「イラネー」だから。

とりあえず1000円以下の男性にはこのベビータオルで十分。

25cm×25cmだからハンカチとしても使えるし、実際に僕もハンカチより吸水性がいいベビータオルを持ち歩いてるし。

ベピータオル単品(464円)に+300円でラッピングするくらいなら、気持ち石鹸オマケ付きのコレをあげたほうが豪華。

1000円~2000円

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)
引用:MARKS&WEB公式(ギフトセットホワイトNGSW151)

 

ミニソープとベビータオルを組み合わせたシンプルなセット。

何度も言うようだけど、ほとんどの世の男性に入浴剤とか石鹸あげても「イラネー」だから。

こっちはベビータオル×2でしかも箱に入ってるから、だいぶ豪華には見える。

あ、もちろん石鹸はイラネーなのでただの見栄え用です。

2000円~3000円

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)
引用:MARKS&WEB公式(ハーバルリップクリーム&ハーバルハンドクリーム)

 

ハーバルハンドクリームとハーバルリップクリームの組み合わせ。

何度も言うようだけど、ほとんどの世の(ry

これは実際に僕がもらった組み合わせ。

ほんとこういうのはすごく実用的だからもらって嬉しいのよね~。

3000円~4000円

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)
引用:MARKS&WEB公式(ギフトセットNGSC019)

 

アロマウッドLとエッセンシャルオイルを組み合わせたギフトセット。

火や電気を使わない温かみのあるオーク材のディフューザーに、甘酸っぱいマンダリンの香りを垂らして気軽にアロマを楽しめる。

男性の一人暮らしってどうしても臭いがちだから。

自分じゃ絶対に買わないけど、こうしてプレゼントされたらやっぱり使うでしょう。

4000円~5000円

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)
引用:MARKS&WEB公式(オーガニックコットンフェイスタオル&ハーバルクリアボディーソープ&ハーバルウォッシングフォーム)

 

オーガニックコットンフェイスタオル・ハーバルクリアボディーソープ・ハーバルウォッシングフォームの組み合わせ。

本当はバスタオルにしたいとこだけど予算オーバーなのでフェイスタオルで。

マークスアンドウェブはとにかくパッケージがカッコイイから、これがお風呂にあるだけで男性はテンション上がると思うよ。

5000円~

ちょっと待ってくれ!

5000円以上のモノをあげるなら、もうマークスアンドウェブじゃなくていいと思うぞ。

これ以上のアイテムをプレゼントしても、僕みたいにマークスアンドウェブを知らない人からしたら価値が分からないと思うから。

 

だったら僕は6000円で買えるコッチをオススメするわ。

アブラサス(abrAsus)

アブラサス(abrAsus)

  

これは僕も使ってる「薄い財布」で有名なアブラサス(abrAsus)の小銭入れ。

僕が今一番欲しいアイテムなんだが、僕だけでなく男の子ってヤツはこの手のアイテムは欲しいものなんだよね。

男性ってちょっとのお出掛けや買い物の時ってムダに財布持ち歩きたくないし、スタイリッシュにキメたい生き物だから。

小銭やちょっとしたお札も入るし、キーケースにもなるし、車のリモコンキーだって付けれられる。

しかも天然牛革を使った逸品だから長く使えるし、むしろ長く使えば使うほど深い味がでる。

プレゼントしたモノが大切な人に肌身離さず長く使ってもらえるって嬉しいでしょ。

 

もう少しいいものにしたいなら、僕の財布と同じ1つ上のランクの「ブッテーロレザーエディション」もあるよ。

さいごに

以上、女子力激高アイテムMARKS&WEB(マークスアンドウェブ)の紹介でした。

こういうのをプレゼントされると、もらった側も「自分はこんなオシャレアイテムを使うにふさわしい人間に見えてるのかな」って気になるから嬉しいんだよね。

もちろん、もらっても言われるまでその価値に全く気付かないバカもいるわけだが。(自虐)

 

オマケで紹介したアブラサス(abrAsus)も、男性がもらったら絶対に嬉しいから。

皮製品の小物で、かつ機能性があってカッコイイからきっと使ってくれるハズだよ。

あーあ、誰か僕にプレゼントしてくれないかなぁ。

もらったマークスアンドウェブのハンドクリームも、そろそろ無くなっちゃいそうなんだよね。

ニベアも確かにいいんだけど、言葉の響きっていうの?マークスアンドウェブの方がカッコイイよね。

でも自分で買うには高い!

これが無くなったらまたニベアに戻るのか。

ぬ?このマークスアンドウェブのハンドクリーム、フタまわせば開くじゃないか。

無くなったら中身ニベアに詰め替えちゃおうかな…