外掛けフィルターを外部フィルター風に改造したらスゴかった件

外掛けフィルターを外部フィルター風に改造したらスゴかった件

外掛けフィルターを外部フィルター風に改造したらスゴかった件

外掛けフィルターを外部フィルター風に改造したらスゴかった件

前回の失敗に終わった「自作カリウム添加」プロジェクト。

 

最初の「水草が育たないので、自作カリウムを添加してみた」の記事に、こんな一文があったのに気づきましたでしょうか?

カリウム添加は水質をよりアルカリ性に傾けるらしいので、これ以上アルカリ性を強くしていいものか悩みましたが、それは別の方法で対処することにします。
引用:アバログ「水草が育たないので、カリウムを自作して添加してみた」

この別の方法・・・・とは、もともと流木のアク抜き用に設置してた外掛けフィルターに、あるアイテムを使ってPhを抑制しつつ、さらに高いろ過性能と容易なメンテナンス性を兼ね備えたものに改造していたのです。

カリウム添加はあっさり失敗に終わってしまったけど、この改造された外掛けフィルターは今でも大活躍しているので、今回はその紹介をしようと思います。

外掛けフィルター改造計画、始動!

まず、私が使っている外掛けフィルターがこれです。(改造前)

GEXスリムフィルターS

GEXスリムフィルターS

 

このGEXスリムフィルターSに、活性炭の「キョーリン・ブラックホールミニ・小型水槽用」をセットして、流木のアク抜きとして使っています。

キョーリン・ブラックホールミニ・小型水槽用

 

60cm水槽にスリムフィルターSじゃ役不足では?って思われるかもしれませんが、メインろ過はニッソーの底床フィルターを使っているので、GEXスリムフィルターSはあくまでもサブ要員です。

ニッソー バイオフィルター45

 

とはいえこのGEXスリムフィルターSは、小さいながらも素晴らしいろ過性能を持っていて、つまりは頻繁にろ過材の交換が必要となり、実はこれが地味に痛い出費になっています。

GEXスリムフィルター 交換ろ過材 活性炭マット(3コ入り)
GEXスリムフィルター 交換ろ過材 バクテリアマット(3コ入り)

外掛けフィルターの役割はアク抜きなので、そう割り切ってしまえばろ材なんてセットしなくてもいいんですが、どうせ設置するならバイオフィルターとダブルでろ過したほうが便利かなぁと。

ということで、このGEXスリムフィルターSを私の手によって機能性とコスパを兼ね備えたモンスターマシンに改造してみようと思います。

改造版GEXスリムフィルターSの構造を考える

改造とか言っておきながら、基本的な構造は以前使っていた「エーハイム クラシック2213」を参考にします。

エーハイム クラシック2213

 

エーハイム クラシック2213

この構造からすると、「リング状ろ過材粗目フィルターボール状ろ過材細目フィルター活性炭」の順で水流を作ったほうが良さそうです。

GEXスリムフィルターSには、水を吸い上げるストレーナー部分に粗目フィルターの役割を果たすスポンジがもともと付いています。

外掛けフィルターの狭さからして、リング状ろ過材とボール状ろ過材のダブル設置は無理なので、ボール状ろ過材は省きます。

頻繁に交換しそうな細目フィルター部分は、取替えやすい排水口にあったほうが便利なので、細目フィルターと活性炭の位置を交換します。

すると改造後の全体の流れは、「粗目フィルターリング状ろ過材活性炭細目フィルター」となります。

あとはこの仕組みを、何でどうやって実現するかです。

リング状ろ過材には

ここで早速、前々から言っていたあるアイテム・・・・・・の登場、それがこの「パワーハウス・カスタム・ソフトタイプ」です。

パワーハウス カスタム ソフトタイプ(微酸性・淡水、水草用)Sサイズ 300mL

 

パワーハウス カスタム ソフトタイプ(微酸性・淡水、水草用)Sサイズ

この商品は、なんとpH上昇抑制機能を持つライトセラミックろ過材なんです!(パッケージに書いてあるまま)

これがあれば、自作カリウムを添加してもpH上昇を抑えられるんじゃないでしょうか?

 

また、ろ過材の交換の手間を考えてコレも購入。

マツダ バイオネット ミニ

 

マツダ バイオネット ミニ

活性炭には

アクアリウムでアク抜きといえば、もちろんキョーリンの「ブラックホール」一択ですね。

設置場所が外掛けフィルターということで、「キョーリン ブラックホールミニ 小型水槽用」を起用です。

キョーリン ブラックホールミニ 小型水槽用

細目フィルターには

細目フィルターは交換頻度が多いので、コストパフォーマンスを重視してこちらを選択。

コトブキ 薄型高密度マット

 

コトブキ工芸 薄型高密度マット 10枚入

 

純正フィルターだと3枚入りで安くても360円ですが、こちらの商品は大判サイズが10枚も入って300円。

これを適当な大きさに切って使えば、1枚から12枚、つまり1袋から120枚もとれます。

ということは、1枚当り2.5円の計算になります。お得ですね!

コトブキ 薄型高密度マット

仕切り板には

狭い外掛けフィルターの中でそれぞれの役割を果たすためには、ちょっとした仕切りが必要です。

それには百均ダイソーにある園芸用の鉢底アミを使います。

ダイソー 園芸用鉢底ネット細目

本当はアクリル板などで完全に仕切った方がいいかもしれませんが、どこかが目詰まりして水流がせき止められ、万が一水が溢れたら怖いので、とりあえず今回はこれで作ってみます。

GEXスリムフィルターSを改造する

まずは仕切り板を純正フィルターが挿さる部分にピッタリはまるように加工します。

ダイソー 園芸用鉢底ネット細目

この園芸用鉢底ネットはマス目になっているので、サイジングもカットもとても簡単にできます。

GEXスリムフィルターSの構造上、真ん中に切り込みを入れる必要があるのと、吸水パイプの部分を四角く凹ませます。

 

これを画像のようにセットします。

GEXスリムフィルターS

GEXスリムフィルターS

 

パワーハウスろ過材は軽く水洗いして、GEXスリムフィルターのこの部分にセットします。

GEXスリムフィルターS

GEXスリムフィルターS

当初はメンテのし易さも考えてバイオネットミニに入れるつもりでしたが、ただでさえ狭いのにあの袋に入れると逆にメンテしずらかったのでやめました。

 

活性炭のブラックホールはここに滑り込ませます。

キョーリン ブラックホール ミニ 小型水槽用

キョーリン ブラックホール ミニ 小型水槽用

キョーリン ブラックホール ミニ 小型水槽用

すべての水がブラックホールを通過するわけじゃないけど、とりあえずアク抜きできればOKだ。

 

最後に、小さくカットした薄型高密度マットを排水口部分にセットします。

コトブキ 薄型高密度マット

コトブキ 薄型高密度マット

コトブキ 薄型高密度マット

コトブキ 薄型高密度マット

 

改造はこれで完成。あとは水槽にセットして稼動させるだけです。

改造した外掛けフィルターを稼動した結果

GEXスリムフィルターS
(ヒータードボンには触れないこと)

 

この改造外掛けフィルターが稼動して約5ヶ月が経過しました。

流木のアクも出ていないので、ブラックホールもしっかり働いているようです。

細目フィルターの交換頻度は5日に1回程度。

このペースだと1袋300円の薄型高密度マット(120枚に切り分け)で1年近くもつ計算になります。

交換も、汚れたものを指でつまんでゴミ箱へ捨て、新しいものを挿すだけなので、ほとんど水に触れずにできて便利です。

 

以上、私が改造したGEXスリムフィルターSの紹介でした。

優れたろ過性能とメンテナンス性、さらにコストパフォーマンスにも優れたこの外掛けフィルター。

メインのろ過は底床フィルターなので、アク抜き+おまけ程度で作ってみましたが、いざ稼動させてみると今までよりも明らかに飼育水がキレイになっています。

さすがに中型~大型の水槽でこの外掛けフィルターだけでは役不足ですが、小型水槽でろ過に場所をとりたくない人にはぜひこの改造はオススメですよ!

スポンサーリンク